京都市東山区の保育園、小松谷保育園のお母さんとお父さんのページ(子育て支援)です。

HOME

お問い合わせ

サイトマップ

クラス構成

  • たんぽぽ 0歳児
  • もも 1歳児
  • すみれ 2歳児
  • ばら 3歳児
  • ふじ 4歳児
  • さくら 5歳児

お母さんとお父さんのページ

お母さんとお父さんのページ

小松谷保育園ブログ

保育時間

保育短時間
   08:30 〜 16:30
   09:00 〜 17:00
保育標準時間
   07:30 〜 18:30
時間外保育
   18:30 〜 19:00

新着情報

お母さんとお父さんのページ(子育て支援)

小松谷保育園では、子育てを支援する活動として、主に二つの会を開催しています。
保護者の方と職員との意見交換や子育てに関する様々な情報交換を行う会や、
講師を招いての講演会の開催を企画する『しろくま会』
絵本にまつわる行事を企画したり、絵本を持ち寄ってお子さんの話をしたり、
家庭での様子を語り合う『ぼちぼちよもう会』(略して『ぼちよも会』)です。
これら二つの会の報告や、その他子育てに関する情報を発信し、
お母さんお父さんと子ども達、保育園との懸け橋となることを目指しています。
今後の開催案内はトップページ「最新ニュース」にてお知らせいたします。
※参加希望の方は、園にお問い合わせ下さい。

しろくま会

平成26年7月5日

「親子でアートヨガを楽しもう!」

 曲にあわせてネコのポーズをしたり、カニさん、ヘビさん、サルに山に木に忍者に・・・。お母さんもお父さんもいっしょになって体を動かして遊びました。子どもたちがいろんな生き物になりきって真剣に遊んでいる姿がとても可愛かったです。

ぼちぼちよもう会

平成26年6月21日

「福地空果梨堂うっかい母ちゃんの読み聞かせ会」

 第1回ぼちよも会のイベントで、保護者の福田地子さんによる"福地空果梨堂うっかい母ちゃんの読み聞かせ会"を開催しました。 子どもたちにたくさんの本の中から数冊読み聞かせがあり、着物の模様の話や小松谷保育園には昔、殿様が住んでいたという話があったりと、絵本だけでなく、日本文化にも触れた会でした。

ぼちぼちよもう会

平成24年6月19日

「写真を使って親子で手作りフォトブックを作りませんか?」

 好きな写真を使って、親子で手作りフォトブックを作りました。当日はあいにくの天気でしたが、3組の親子がお家から我が子のかわいい写真をたくさん持って来てくれました。
 折り紙やシールなど、少しでもかわいく飾りつけができるように用意し、あとはお母さん方におまかせ。「ここに名前書いて」「お顔描いて!」お母さんに言われて子どもたちもマーカーで一生懸命描いていましたね。ど〜しようかな〜?ハートの方がいいかな〜?でも、どんどん出来上がっていくと「うわぁ〜この折り紙がこんな風になったんや〜すご〜い」見ていた保育士も感心しっぱなしでした。
 出来上がったものをカラーコピーして完成したフォトブックは、子どもの絵や文字なども入って親子で作った世界で一つの作品になりました。

しろくま会

平成24年11月17日 午前開催

「シュシュ作り」

 保護者の方2名、卒園児さん3名、職員3名、計8名での開催となりました。あらかじめ切っておいた布をそれぞれがチクチクと手縫いしていきます。端を縫い終えたら、布をひっくり返してゴムを通し、端をとめます。文章にすると簡単ですが、縫い物初心者は仕上げに手間取る…。作りながらいろいろおしゃべりしようと思っていたのですが、みなさん集中!!黙々と真剣に縫い、静かな会となりました。
 集中した甲斐もあり、無事にかわいいピンクのヒョウ柄のシュシュを完成させることができました♪小学生も、男性職員もちゃんと仕上げる事ができましたよ☆

しろくま会

平成24年11月17日 午後開催

「プラ板キーホルダー作り」

 トースターで焼くと、縮んで硬くなるプラ板のキーホルダー作りをしました。親子参加の会だったのですが、大好きなキャラクターの絵を描いて欲しいとお父さんにおねだりする子や、子ども達そっちのけで真剣に絵を描くお母さんお父さんで、プラ板コーナーは熱気ムンムン。大盛況でした。
 描きあがったプラ板をトースターに入れると、焼かれて縮んでいく様子にくぎ付けになる子ども達。丈夫なキーホルダーに仕上がると、大切に握りしめたり、早速カバンにつけたりして、みんな笑顔で帰って行きました。

ぼちぼちよもう会

平成24年6月19日

「写真を使って親子で手作りフォトブックを作りませんか?」

 好きな写真を使って、親子で手作りフォトブックを作りました。当日はあいにくの天気でしたが、3組の親子がお家から我が子のかわいい写真をたくさん持って来てくれました。
 折り紙やシールなど、少しでもかわいく飾りつけができるように用意し、あとはお母さん方におまかせ。「ここに名前書いて」「お顔描いて!」お母さんに言われて子どもたちもマーカーで一生懸命描いていましたね。ど〜しようかな〜?ハートの方がいいかな〜?でも、どんどん出来上がっていくと「うわぁ〜この折り紙がこんな風になったんや〜すご〜い」見ていた保育士も感心しっぱなしでした。
 出来上がったものをカラーコピーして完成したフォトブックは、子どもの絵や文字なども入って親子で作った世界で一つの作品になりました。

京都市東山区の保育園、社会福祉法人・小松谷福祉会 小松谷保育園

HOME一日の流れ年間行事施設紹介保育方針案内・アクセスお問い合わせサイトマップ
たんぽぽももすみればらふじさくら

Copyright © 小松谷保育園 All rights reserved.